• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2018/05/25(金)

その他

歴代ユニフォーム・優勝ペナントの展示やOBトークショーなど盛りだくさん! 入間市博物館で「西武ライオンズ40周年記念展」を開催

コラボ広告
入間市博物館

入間市(市長:田中龍夫)、入間市博物館(指定管理者:いるまミュージアムパートナーズ代表(株)フクシ・エンタープライズ)、株式会社西武ライオンズ(代表取締役社長:居郷肇)は、2018月6月14日(木)から7月1日()の間、入間市博物館(埼玉県入間市二本木100)にて、フレンドリーシティ(※1)との取組みでは初となる“「西武ライオンズ40周年記念展」~西武ライオンズのあゆみと未来~”を開催します。

本記念展は、西武ライオンズが埼玉県所沢市に本拠地を構えてから40周年を迎えること、また、2015年3月に両者の間で包括連携協定を締結し、フレンドリーシティである入間市との連携事業の一環として行うものです。期間中は過去のユニフォームや写真、優勝ペナント、現在進めている球場改修工事の完成イメージ図を展示するほか、過去の歴史と今後の計画などを記した「タイムトンネル」の様な展示を、ご来場のお客さまはお楽しみいただけます。

さらに、6月23日()は西武ライオンズOBの鈴木健氏を迎えてのトークショーや、ライオンズキッチンカーも登場し、メットライフドームで販売している商品をお召し上がりいただけます。
そのほかにも会場内では、「西武鉄道運転席模型や部品展示」やお子さまも楽しめる「巨大電車レイアウト展示・運転体験」などの実施も予定しており、ライオンズファンのみならず多くの皆さまにお楽しみいただける記念展となっています。

  • ※1フレンドリーシティとは…株式会社西武ライオンズと連携協力に関する基本協定を締結している市町です。本締結協定は、各市町及び当社が持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、「地域社会の発展」や「市民福祉の向上」などに寄与することを目的に行うものです。

鈴木健氏 プロフィール

投打
右投左打
生年月日
1970年1月13日
経歴
浦和学院高~西武ライオンズ~ヤクルトスワローズ~東京ヤクルトスワローズ
ドラフト
1987年1位

入間市市長 田中龍夫コメント

「西武ライオンズ40周年おめでとうございます。
2015年3月から連携協定を結ぶ西武ライオンズと、入間市が誇る博物館「ALIT」で連携事業を実施できますことを、とても嬉しく思います。
本市は、誰もが住んで良かった、住み続けたいと実感できるまち、「みんなでつくる 住みやすさが実感できるまち いるま」を目指し各種施策を進めており、その中でも入間市博物館「ALIT」は、市民や近隣住民の方々の「心のよりどころ」となる博物館を目指しております。
今回の事業をきっかけに、ライオンズファンの皆さまやそのご家族の方々にも入間市博物館を知っていただき、入間市の魅力に触れていただくことを期待しております。
入間市は“共に強く。共に熱く。”埼玉西武ライオンズを応援しています!」

株式会社西武ライオンズ 代表取締役社長 居郷 肇コメント

「このたびは「フレンドリーシティ」である入間市と、大規模な連携事業を実施できますこと、大変喜ばしく思います。
本年はライオンズが埼玉県に移転をして40周年を迎える節目の年でもございます。球団として、今後のビジョンのひとつに、「沿線/地域/グループ振興の強化」を掲げ、ライオンズをより身近に感じていただける取り組みを強化して参ります。
本事業はまさしくそのような取り組みで、これをきっかけに、一人でも多くの入間市民のみなさま、また近隣住民のみなさまに、ホームチームであるライオンズを身近に感じていただければ、幸いです。 」

ライオンズ・クラシック2018着用のユニフォームでも活躍した栗山巧選手からのメッセージ

「入間市博物館「ライオンズ40周年記念展」では、6月30日から7月1日に実施する「ライオンズ・クラシック2018」でも着用するユニフォームや40年の歴史を振り返る写真などを展示します。
入間市の皆さん、ライオンズファンの皆さん、ぜひこの入間市博物館にも足を運んで、“西武ライオンズ40周年の歴史”を肌で感じてください!」

埼玉県内最多の人口を誇るさいたま市と株式会社西武ライオンズ「連携協力に関する基本協定」を締結!さいたま市で社会人時代を過ごした辻発彦監督も大歓迎!

新たに北本市と連携協定を締結!県内27番目のフレンドリーシティに炭谷選手も歓迎!

野球・スポーツを通じたコミュニティプロジェクト「L-FRIENDS(エルフレンズ)」