• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
プロ野球ドラフト会議

未来のライオンズの
スターを今からチェック!

2021年「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」

10月11日(月)から今年もプロ野球ドラフト会議が行われます!
ドラフト会議当日は速報メルマガ登録者の方に当日の指名結果をいち早くメールでお知らせ!
(試合結果メルマガの受信者を対象に選手が指名されるたびに最新の情報をお届けします)

2021年ドラフト会議指名選手&スカウト評はこちら

OUTLINE

ドラフト会議概要

開催日時
10月11日(月)17:00から(予定)
メディア情報
テレビ中継
TBS系列全国ネット放送
スカイA
ラジオ中継
ニッポン放送
インターネット
Paravi
Sports Bull

新人選手選択会議 選択手順

1巡目
1巡目の指名は、「入札抽選」により行う。
全球団が、選択を希望する選手名を同時に提出する。
単独指名の場合はその球団の選択が確定。
指名が重複した場合は抽選で決定する。抽選は「球団順位の逆順」で行う。
抽選に外れた球団は再度入札を行い、指名が重複した場合は再度抽選で決定。
全球団の選択が確定するまで繰り返し行う。
2巡目以降
2巡目の指名は「球団順位の逆順」で行い、3巡目の指名は「球団順位」で行う。
以後交互に折り返しで指名する。
2巡目、4巡目・・・(偶数巡目)
横浜DeNA→北海道日本ハム→中日→埼玉西武→広島→福岡ソフトバンク→巨人→楽天→阪神→千葉ロッテ→東京ヤクルト→オリックス
3巡目、5巡目・・・(奇数巡目)
オリックス→東京ヤクルト→千葉ロッテ→阪神→楽天→巨人→福岡ソフトバンク→広島→埼玉西武→中日→北海道日本ハム→横浜DeNA
  • 指名順を決定する「球団順位の逆順」とは、ドラフト会議が行われる日の前日(10月10日(日))終了時点のセ・パ公式戦の球団順位の逆順に基づき、優先権のあるリーグの最下位球団を第1順位、他方のリーグの最下位球団を第2順位、優先権のあるリーグの5位球団を第3順位とし、以下、同様にして定まる順番をいう。本年度はセントラル・リーグが優先権を持つ。
  • 全球団が「選択終了」となるか、選択された選手が合計120名に達したところで終了。ただし、国内の独立リーグ所属選手や外国のプロ野球選手を選択した場合は、その人数に含まない。
  • 各球団は原則として10名まで指名できる。ただし、他球団が10名に満たない人数で選択を終了することにより、全体で120名に達していない場合は、11人目以降の指名も可能。
  • 新人選手選択会議を終了した時点で選択された選手が合計120名に達していない場合、引き続き希望球団参加による「育成選手選択会議」を行う。

PLAYBACK

-過去のドラフト-

  • 渡部 健人選手(2020年 1位指名) 将来の主砲候補としてドラフト1位指名を受けると、4月4日(日)に一軍初出場で初本塁打をレフトスタンドへ放り込んだ。
    その後は二軍で経験を積み、イースタン・リーグの本塁打と打点王の二冠に輝く充実のルーキーイヤーを送った。
  • 若林 楽人選手(2020年 4位指名) 新入団選手発表会で掲げた目標は『盗塁王』。その目標通り、5月終了時点で20盗塁とリーグトップの成績を残した。
    故障により今季の実戦復帰は難しくなったが、そのスピードを球界に知らしめた。
  • ブランドン選手(2020年 6位指名) キャンプではA班に帯同し、シーズンでは開幕一軍入りと最高のスタートを切ると、一軍では2本の本塁打を放ち、二軍では二桁本塁打を記録した。
    目標である『トリプルスリー』を達成できるポテンシャルを、1年目から披露した。
  • 水上 由伸投手(2020年 育成5位指名) 育成選手として始まった今季。すぐさま5月に支配下登録を勝ち取ると、9月には『プロ初登板から17試合連続無失点』のパ・リーグ新記録を樹立した。
    育成指名からリーグ記録へ、瞬く間に駆け上がった。
  • 岸 潤一郎選手(2019年 8位指名) 2年目の今季は開幕一軍入りを果たし、レギュラーの座を奪いつつある。
    支配下登録選手の12球団全体最下位、74番目での指名から、一軍戦力へと這い上がる飛躍の1年となった。
    主な同期入団:宮川投手,浜屋投手,柘植選手,上間投手
  • 渡邉 勇太朗投手(2018年 2位指名) 新入団選手発表会で『最多勝』の色紙を掲げた、地元埼玉県出身、浦和学院高卒の3年目の渡邉投手。
    8月15日(日)にプロ初先発初勝利を記録し、後半戦はローテーション入りを果たした。
    主な同期入団:松本投手,山野辺選手,森脇投手
  • 平良 海馬投手(2017年 4位指名) 入団2年目に頭角を現すと、3年目の2020年に新人王。4年目の今季も、勢いそのままに圧倒的な投球でマウンドに君臨した。
    7月に『シーズン39試合連続無失点』のプロ野球新記録を打ち立て、8月には侍ジャパンの一員として世界一に貢献した。
    主な同期入団:西川選手,伊藤投手,與座投手,高木選手
  • 田村 伊知郎投手(2016年 6位指名) 1年目、目標だった『開幕一軍』は果たせなかったものの、3年目の2019年から3年連続で開幕一軍入り。
    そして今季、通算66試合目でついにプロ"1"勝目を挙げた。苦節5年、最下位指名からお立ち台に上り詰めた。
    主な同期入団:今井投手,源田選手,鈴木選手,平井投手
  • 呉 念庭選手(2015年 7位指名) 1年目は43試合で142打席に立つなど期待を受けたが、その後は出場試合数が減少。2019年は一軍出場なしに終わった。
    しかし今季、ついにその才能を開花させレギュラーに。オールスターにも選出されるほどの活躍を見せた。
    主な同期入団:川越選手,愛斗選手,本田投手
  • 高橋 光成投手(2014年 1位指名) 甲子園優勝投手として鳴り物入りで入団した高橋投手。1年目から月間MVPを獲得し、華々しいデビューを飾った。
    今季は開幕投手を務めるなど、1年目に語った『日本を代表する投手』に成長した。
    主な同期入団:佐野投手,外崎選手,山田選手

MAIL MAGAZINE & TWITTER

ドラフト速報

ドラフト会議当日は、
ライオンズの速報メルマガまたは、
球団公式Twitterで
選手が指名されるたびに
最新の情報をいち早くお届けします!

速報メルマガで当日の情報を知る!
(ログイン・有料会員登録ボタンより登録)

速報メルマガで当日の情報を知る!
(ログイン・有料会員登録ボタンより登録)