• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2022/07/28(木)

チーム

赤上優人投手支配下登録のお知らせ

画像
画像
画像
画像

本日、7月28日(木)、育成契約を締結しております赤上優人投手と支配下選手契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。なお、新背番号は「67」となります。

一問一答

Q.支配下登録となって率直な感想を教えてください!

入団当時からずっと目標にしていたことだったのですごくうれしいです。

Q.昨日ファームの試合終了後に伝えられたということですが、球団からはどのような言葉をかけられましたか?

試合終わったあとに藤原さん(ファーム・育成ディレクター補佐)から「(渡辺)GMから電話がある」と言われており、「この時期にいわれるということはそういうことなんだな」と思ったので、すごく緊張して電話を待っていたのですが、GMから「支配下契約」といわれてすごくうれしかったです。

Q.支配下登録されるにあたってどこを評価されたと思いますか?

二年目から先発もやらせてもらっていますし、そこでロングリリーフ要因など長いイニングを投げられるように練習してきたので、そこを活かしていきたいと思います。

Q.赤上投手自身のこれからの目標は?

やっとスタートラインに立つことができたので、一軍の試合に一日でも早く出て、チームの優勝に貢献したいな、と思います。

Q.オリックスの小木田投手だったり中日の石森投手だったり、身近な選手が刺激になったと思いますがご連絡はしましたか?

小木田投手には報告をして、「おめでとう」と言葉をもらいました。

Q.2月のキャンプの際「フォークボールとカットボールに取り組んでいく」といっていましたが、そちらの進捗や手ごたえはどうですか?

フォークボールはまだ手ごたえがないのですが、スライダーやカット系の球は大分自分のものになってきたのかなと思います。

Q.入団早々けがをされて、そこを乗り越えての今回の支配下登録となりましたが、その経験はどのように活かしていきますか?

けがのおかげでケアの意識だとかトレーニングの大切さを学べたので、けがを活かしてトレーニングにしっかり取り組んで、離脱のないようにしていきたいと思います。

Q.昨年一年憧れの松坂投手一緒にすごしたと思いますが、その時間は今後にも活かせそうでしょうか

松坂投手は僕のこどものころからのスターで、野球を一緒にしてすごく刺激にもなりましたし、誇りに思っているので、これからは自分がそういう選手になれるようにがんばっていきたいと思います。

Q.昨年同期入団の水上投手が育成から支配下になって活躍をして、赤上投手も刺激になったと思いますが水上投手の存在はいかがでしょうか

すごくいいライバルだなと思いますし、水上が活躍すれば自分も「がんばるぞ」と思えるので、いい関係だなと思います。

Q.これから一軍で戦うことになると思いますが、成し遂げたいことはありますか?

これからやっとスタートラインに立ったので、一軍の戦力になれるように、しっかり一日一日レベルアップしていきたいと思いますし、ゆくゆくはタイトルが獲れるようなピッチャーになりたいと思っています。

Q.タイトルという話がありましたがどんなタイトルを目指すなどございますか?

まだ明確にはないですが、自分がまかされた役割のタイトルを獲りたいと思っています。

Q.一軍で投げるときにファンの方に「ここを見てほしい!」というアピールポイントはありますか?

自分のアピールポイントはストレートなのですが、二年目で先発をやらせていただいて、変化球の使い方や緩急を練習してきたので、ストレートだけではなく変化球も見てほしいです。

Q.支配下登録と聞いたときにどなたに最初に報告をしましたか?

一番最初は両親に連絡をしました。

Q.どんな言葉をかけられましたか?

すごくよろこんでくれて、「これからだぞ」と言われたのでがんばっていきたいと思います。

赤上優人投手・選手名鑑