• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2019/11/29(金)

球場改修

メットライフドームエリアの改修計画 2020年シーズン新施設概要発表

株式会社西武ライオンズは、メットライフドームエリアの改修計画を2021年3月まで進めております。
2019年にオープンした「ライオンズ トレーニングセンター・若獅子寮」「ライオンズ チームストア フラッグス」に続き、2020年シーズンに竣工・オープンを迎える新施設概要をお知らせいたします。

完成予想図については、2019年11月30日()に西武園ゆうえんちで開催する「LIONS THANKS FESTA 2019」の場内にパネルを展示しますので、ぜひご覧ください。

今後もボールパーク化に向けて改修工事を進めてまいります。進捗は随時、公式サイトにて更新いたしますので、今後もご注目ください!

「BALLPARK PROJECT」はこちら

2020年春オープン

獅子ビル2階:グリーンフォレスト デリ&カフェ
獅子ビル3階:ライオンズ キッズパーク・ライオンズ チームストア 獅子ビル・Lスタジオ
新設デッキ

グリーンフォレスト デリ&カフェ 外観
グリーンフォレスト デリ&カフェ 外観
グリーンフォレスト デリ& カフェ 内観
グリーンフォレスト デリ&カフェ 内観
新設デッキ
新設デッキ

獅子ビル2階に大型フードエリア「グリーンフォレスト デリ&カフェ 」がオープンします。
約600平方メートルの空間に約230席の客席を設け、自然共生型ボールパークに相応しいインテリアを施した、今までの野球場にはない大型フードエリアです。デリを中心としたお食事やカフェ機能も充実させていく予定です。空調完備の店内にはモニターを設置し、お食事をしながら野球観戦をお楽しみいただけます。また、野球開催日以外での営業も予定しております。

3階にはアミューズメントやフォトサービスを中心としたグッズショップ「ライオンズ チームストア 獅子ビル」が新設し、2019年6月に一時休業していた「ライオンズ キッズパーク」も、リニューアルオープンします。

また、獅子ビルとドームを繋ぐ新たなデッキが誕生し、3塁側コンコースと獅子ビルがアクセスしやすくなり、開放的な空間を提供します。
デッキ上に新設されるビジョンとともに、「Lスタジオ」をドーム前広場から獅子ビル3階に移設し、新しいボールパークエンタテイメントを演出します。

チケットセンター・ファンクラブカウンター・球弁

チケットセンター・ファンクラブカウンター・球弁
チケットセンター・ファンクラブカウンター・球弁

2019年7月に誕生した「ライオンズ チームストア フラッグス」の対面にファンサービスの拠点となる「チケットセンター」「ファンクラブカウンター」「球弁」の施設が新たに誕生します。
野球観戦時には多くの皆さまにお立ちよりいただく施設となります。

シート改修

ネット裏エリアにはラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」に加えて、「ネット裏エグゼクティブシート」の3席種が新設されます。
内野指定席エリア(一部除く)は、シートがクッションシートにリニューアルされ、より快適にご観戦いただけます。
さらに、グループシートの「パノラマウッド4」、カジュアルに立って観戦できる「ステンレスカウンター」の2席種を新設します。

シート詳細はこちら

2020年7月オープン 予定

CAR3219 FIELD (西武第二球場) ※2020年シーズンより名称変更

バックスタンド
バックスタンド
外野エリア
外野エリア

西武第二球場が施設命名権スポンサー契約の締結を受け、新名称「 CAR3219 FIELD 」となり2020年7月にリニュアルオープンします。
新たに設置する240席の観客席や、LEDディスプレイの大型ビジョン(スコアボード)の設置により、ファンのみなさまに快適にご観覧いただける環境となります。
また、レフトからセンター後方に、ブルペン5レーンとサブグラウンドを新たに設置し、2軍、3軍の練習環境整備をし、チーム強化をはかります。
ライト後方に、選手とファンのみなさまにふれあいの場を提供する広場を設置します。

西武第二球場は「CAR3219(カーミニーク)フィールド」へ!