• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • tagboard

2017/01/16(月)

その他

西武ドームの新ネーミングライツ(命名権)にメットライフ生命が決定

西武ドームは2017シーズンより新たなネーミングライツ(命名権)としてメットライフ生命とパートナーシップを結ぶことが決まり、本日記者発表を実施いたしましたのでお知らせいたします。

「メットライフドーム」に名称を変更(プレスリリース)

新名称

ドーム名

日本語表記:「メットライフドーム」
英語表記:「MetLife Dome」
略称表記:「メットライフ」
契約期間 2017年3月1日(水)から2022年2月28日(月)までの5年間

辻監督コメント

「新しい年を迎え、監督が変わり、キャプテンも変わりました。球場もメットライフドームに変わり新しくなります。
昨年までのBクラスを払拭するために新しい気持ちで新しい選手と共に一つとなって優勝を目指していきますので精一杯応援よろしくお願いします。」

浅村新キャプテンコメント

「とにかく優勝して秋には良い報告ができるように、球場の名前も変わり、自分も背番号が『3』に変わります。3割30本100打点ぐらいの成績を残せるようがんばりたいです。」

メットライフ生命保険株式会社 代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー氏コメント

「私たちは西武ライオンズとのパートナーシップを大変嬉しく思います。日本の大手外資系保険会社の一つとして、当社のブランドをさらに高める象徴的な施設とのパートナーシップを望んでいました。

このパートナーシップは当社のブランドを新たな次元に高めるとともに、お客さまのより健康で豊かな生活をサポートするわれわれの取り組みと最高のスポーツとエンターテイメントがおこなわれる施設を結びつける架け橋となると確信しています」

株式会社西武ライオンズ 代表取締役社長 居郷肇コメント

「メットライフドームに名称変更をすることでエキサイティングな新時代が始まるとともに、ここメットライフドームで迎える野球シーズンの到来を心待ちにしております。また、多彩な保険商品やサービスを提供し、信頼されている企業とのパートナーシップを歓迎し親密に協力していきたいと思っております」

また、このパートナーシップの締結により、メットライフ生命は埼玉西武ライオンズのオフィシャルスポンサーとなり、2017シーズンよりさまざまな展開を実施していく予定です。

その皮切りとして、高齢化社会を迎える現代日本において高まる健康意識に応えるべく、運動不足の解消や、血行改善などを研究している専門家からアドバイスを受け、「メットライフ・エクササイズ」を開発いたします。エクササイズの振り付けは、TBS「UTAGE!」の振り付けなどで活躍するKABA.ちゃんに依頼しました。球場では、5回裏終了時のダンスタイムで実施し、これまで球場で流れていたダンス曲、「コットンアイジョー」にのせながら、お子さまから高齢者の方まで、ファン一体型で楽しめるエクササイズとなる予定です。

3月中旬からメットライフ生命のホームページなどで内容を一部公開するほか4月4日(火)のホーム開幕戦で披露する予定ですので、楽しみにお待ちください!

メットライフ生命について

メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、多様な販売チャネルを通して、個人・法人のお客さまに革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供してまいりました。現在は日本法人「メットライフ生命保険株式会社」として、お客さまに常に寄り添い、お客さま自らが自信を持って最適な保障を選ぶお手伝いをし続けることに努めています。当社は、約50カ国で1億人のお客さまに生命保険、年金、従業員福利厚生、資産運用サービスを子会社および関連会社を通して提供する世界最大級の生命保険グループ、メットライフの一員です。

メットライフについて

メットライフは1868年に設立し、約50カ国で1億人のお客さまに生命保険、年金、従業員福利厚生、資産運用サービスを提供する世界最大級の生命保険グループ会社です。子会社および関連会社を通して、米国、日本、中南米、アジア、ヨーロッパ、中東においてマーケットリーダーとして事業を展開しています。詳しくはwww.metlife.comをご覧ください。