• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2018/09/09(日)

チーム

2005年以降最速での観客動員数150万人を突破!昨年より2試合早いレギュラー・シーズン62試合目で達成

150万人

埼玉西武ライオンズは、本日9月9日()の対千葉ロッテマリーンズ戦において、今シーズンの主催試合の観客動員数が150万人を突破しました。これはプロ野球の観客動員数が実数発表となった2005年以降、球団最速となる62試合目での達成となります。これは昨シーズンの64試合目よりも2試合早い記録です。

ご来場いただきました皆さまに心よりお礼申しあげます。

  • 9月9日()試合終了時点1,511,538人

観客動員数150万人を2005年以降最速で達成をした主な要因

2018シーズン7月21日()の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦において、2005年以降、最速で観客動員数100万人を突破しました。その後、150万人突破までに、本日の試合を含めメットライフドーム、県営大宮球場、上毛新聞敷島球場で62試合を開催しました。

所沢に本拠地を構えて40周年を迎える今シーズン、辻発彦監督のもと27年ぶりの開幕8連勝と好発進。野手では、リーグ最多安打(163本)の秋山翔吾選手、打点(106点)リーグトップの浅村栄斗選手、本塁打(37本)でリーグ首位に立つ山川穂高選手などの活躍、また、投手では菊池雄星投手、多和田真三郎投手が2ケタ勝利を挙げるなど、ここまで一度も首位を譲ることなく、走り続けてきました。

  • 各選手の記録は、9月8日終了時の数字となります。
  • 辻監督の辻は1点しんにょうです。

また、40周年記念事業をはじめ、あらゆるお客さまを対象にイベントも実施しました。
40周年記念事業の一環として球団史上初となる東京ドームでの主催試合を開催し、都内勤務のサラリーマンやOLなど、平日のメットライフドームにご来場いただけないお客さまなど多くの方にご来場いただき、観客動員数が実数発表となった2005年以降、主催試合において過去最多となる44,978人を記録しました。
ほかにも、女性向けのイベント“ウーマンフェスタ”では、球団初の試みとしてご来場の女性のお客さま全員に“レディースユニフォーム(非売品)”を配布いたしました。
さらに、獅子風流(ししぶる)ユニフォームを着用した夏の大型イベント「ライオンズ フェスティバルズ 2018」でも多くのお客さまにご来場いただきました。

上記に加えて、地域貢献・野球振興を目的としたフレンドリーシティ締結に伴う小中学生観戦招待の増加や、ライオンズオリジナルキッズグローブをご来場の小学生以下全員に配布するなど、一連の活動を通じて地域貢献・野球振興を進めてまいりました。今年3月に発足した「L-FRIENDS」の一環として、埼玉県内の小学生約30万人にライオンズオリジナルベースボールキャップを配布したことで、ライオンズや野球観戦の認知が向上、ファンクラブのジュニア会員数も初めて2万人を突破しました。
さらに、春休み期間中の平日デーゲーム開催や、昨年オープンした「ライオンズキッズパーク」など、お子さま連れのご家族もより一層お楽しみいただけるようになりました。これらの施策により、お子さまを中心に新しいファミリー層のご来場が観客動員数の増加につながったと考えられます。

チームの好調さ(9月8日終了時点で70勝49敗2分の貯金21)に加え、上記のような施策がかみ合ったことなどにより、今シーズンはここまでで、過去最多更新(※)となる19試合(本日も含む)の完売御礼も出て、2005年以降球団最速で観客動員150万人を達成することができました。
ご来場いただいたお客さまに御礼を申し上げるとともに、今後も埼玉西武ライオンズへの熱い応援をよろしくお願いいたします。

  • プロ野球の観客動員数が実数発表となった2005年以降、完売試合数の最多は昨シーズンの18試合

辻発彦監督コメント

「150万人という多くのファンの皆さまにお越しいただけたことを本当に嬉しく思います。
そして、選手たちにいつも力強いご声援を送っていただき感謝いたします。
残り試合もあとわずかとなりましたが、今後はさらに厳しい戦いが続くと思います。これからも選手たちに熱い応援を送っていただき、優勝への後押しをお願いします。」

キャプテンの浅村栄斗選手コメント

「観客動員数が、100万人に続き、150万人も最速で達成することができたのは、ファンの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。
『優勝したい』、チーム全員がこの気持ちで戦っています。ファンの皆さんの熱い声援が僕たちの力になります。
残りの試合も、僕たちとともに戦ってください。今年こそ、みんなでチャンピオンフラッグをつかみ獲りましょう!」

終盤戦の残席情報はこちら!