• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2018/02/27(火)

チーム

2/27 (火)「球春みやざきベースボールゲームズ」 vs.斗山ベアーズ 結果

先発・武隈祥太投手
2番手・伊藤翔投手
本塁打を放った山川穂高選手
4番手・豊田拓矢選手

2018年2月27日(火) 斗山ベアーズ戦 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  斗山ベアーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
  埼玉西武 3 4 0 0 1 0 2 0 × 10

宮崎・KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で「球春みやざきベースボールゲームズ」初戦(対 斗山ベアーズ)が開催されました。

先発を任された武隈祥太投手は、初回からランナーを出すも4回を被安打3、無失点と試合を作りました。昨季はブルペンとして試合を支えた武隈投手が、先発としても結果を残しました。
5回から継投に入ると、伊藤翔投手、平井克典投手、豊田拓矢投手の3投手が8回まで無失点に抑える投球を披露!

一方打線は初回、金子侑司選手がライト前へヒットを放ち盗塁を成功させると、浅村栄斗選手のセンター前ヒットで先制。さらに、後続の中村剛也選手、栗山巧選手にもヒットが飛び出し、この回、3点を挙げます。
5回には、先頭打者・山川穂高選手の本塁打で追加点を挙げると、7回にも外崎修汰選手のライト前タイムリーヒットでダメ押し!13安打の猛攻を見せ、試合は10対1で快勝となりました。

辻監督コメント

「武隈は3回予定だったけど、球数が少なかったので4回まで投げさせた。
後ろから見ていないので、どこまでコースをきっちり投げられたかわからないけどまずまずでしょ。
先発で行くことも決めていません。
バッターはそこそこいい。金子もいいし、山川も。
打線は力のあるピッチャーが出てきて慣れていってくれれば。今日のピッチャーはまっすぐが多かったしね。
走塁のミスもあった。そこは反省していきたい。
山川のホームランも少し力が落ちているピッチャーなら打つからね。
4番という気持ちより、レギュラーで出たい気持ちの方が出ているんじゃないか。
メヒアも調子がいいしね。」

武隈祥太投手コメント

「今日は4回投げれたので、次は5回は投げれるようにやります。
韓国はまっすぐに強い打者が多いので、変化球を投げていれば抑えられると思うけど、そうは言ってられないのでまっすぐも投げていました。
僕は肩ができるのが早い方なので、中継ぎの入り方と違い初回抑えぎみに入った(6割~7割程度)
これではダメでしたね。今は試行錯誤して次の登板まで入り方を探りたい。
次は初回からがっちりいってやってみたいです。
4回に少しギアを上げれて腕が振れたので、もう少し行けたかなと思いますが疲労はあります。
先発でも中継ぎでも投げてくれと言われたところで投げます。欲はないです。
今は先発で集中してやっていこうかなという気持ちです。
中継ぎは経験がある方なので、すぐに対応できると思います。」

武隈投手・選手名鑑

伊藤投手・選手名鑑

平井投手・選手名鑑

豊田投手・選手名鑑

金子侑選手・選手名鑑

浅村選手・選手名鑑

中村選手・選手名鑑

栗山選手・選手名鑑

山川選手・選手名鑑

外崎選手・選手名鑑

2018春季キャンプ コンテンツ配信情報はこちら

春季キャンプの情報は公式Twitterから!