• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • tagboard

2017/05/12(金)

イベント

「あなたとライオンズにまつわるエピソード」結果発表!5/19(金)~3連戦は“埼玉西武”10周年アニバーサリーシリーズ!!

10周年アニバーサリー
10周年アニバーサリー

ファンの皆さまのおかげで、球団名に“埼玉”を冠して10年目のメモリアルイヤーを迎え、今後も埼玉西武ライオンズが、より“埼玉”に、そして地域に根ざした球団として発展するため、“埼玉西武”10周年アニバーサリー特別企画として、あなたの身の回りに起こったライオンズにまつわるエピソードを募集いたしました。
多くの方からお寄せいただいたエピソードのなかから、厳正なる審査のうえ、最優秀賞3作品、優秀賞7作品を選定、このたび発表させていただきました!

これからも多くのエピソードが生まれるよう、埼玉西武ライオンズはファンの皆さまとともに次の10年に向かって歩んでいきます。引き続き温かい、熱いご声援をお願いします。

最優秀賞 3作品

娘たちがライオンズTシャツを着ていると「ちっちゃな応援団だねえ」とよく声をかけられる。嬉しい。日常の中にライオンズが根づいている。人と人をつないでくれる。埼玉は魅力がない県と決めつけていた私、反省。埼玉が誇るべきものはライオンズ!

35才 女性 AYUMI さん

父がライオンズの試合を見ながら幼い私に野球のルールを教えてくれた。それがきっかけでライオンズファンになり、どこへ行くにも誇らしげにライオンズ帽を被って出かけた。あれから30年、今では4才になる長男がメヒアのタオルを掲げて飛び跳ねています。

38才 男性 田畑拓久 さん

10年前に観戦した際、私は5才だった娘をライナちゃんと握手させようと通路へ。あと数歩まで近づくも娘は「いやー」と泣きながら逃げ出すことに。今年観戦に行くとなんとライナちゃんが私たちの座席へ!ライナちゃんと仲良くする姿に感激しました。

41才 男性 川越のライオンズ大好き さん

  • 本日5月12日付の埼玉新聞朝刊でも、最優秀賞3作品を発表しております。
  • 各賞に選ばれた方には5月15日(月)中に当選通知メールをお送りいたします。賞品の引き渡しについての詳細などをご案内いたします。なお、ドメイン指定受信をされている場合は、お手数ですが、「tmail.seibulions.jp」「seibulions.co.jp」の設定をお願いいたします。
  • 5月12日から、ライオンズ公式SNS(Twitter、Facebookなど)、メットライフドーム Lビジョン(一軍公式戦開催日)でのエピソードの紹介も行う予定です。各賞に選ばれなかった方のエピソードもご紹介予定です。あらかじめご了承ください。