• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • tagboard

2017/03/25 チーム

野上が6回途中無失点!WBCから戻った秋山が3打点の活躍! 3/25(土)オープン戦 vs.横浜DeNA 結果

先制の適時打を放った木村文選手
帰ってきた秋山選手は2安打3打点1盗塁の活躍!
6回途中まで無失点の好投を見せた先発・野上投手
炭谷選手は盗塁刺殺など存在感を見せた
2試合連続で適時打を記録した源田選手
ホーム6連勝となったライオンズナインはハイタッチ

オープン戦初登板の野上は、WBCから戻ってきた炭谷とのバッテリー。立ち上がりから高い制球力を見せ、4回までわずか1人の走者しか出しません。

すると、その裏に打線がつながります。まず、木村文と山川が連続適時打を放ち2点を先制。さらに源田にも適時打が出ると、続く打者はこちらもWBCから戻ってきた秋山。右方向への2点適時打を放ち、5対0と大きくリードを広げます。

一方の野上は、5回に2人の走者を出したものの後続を打ち取るなど好投し、6回途中で降板。5回2/3を投げて無四球、無失点でした。

その後1点を返されますが、8回に秋山が適時三塁打を放ち、今日2安打3打点。田代も適時打で続きリードを広げます。

9回に登板したルーキー・田村が反撃を許しましたが、逃げ切っての勝利となりました。

木村文選手コメント

(4回 レフト前タイムリーヒット) スライダーです。
チャンスだったので死に物狂いでいきました。

山川選手コメント

(4回 センター前タイムリーヒット) スライダーです。
打点をあげられよかったです。

源田選手コメント

(4回 ライト前タイムリーヒット) まっすぐです。
チームのいい流れに乗れてよかったです。

秋山選手コメント

(4回 ライト前2点タイムリーヒット)
いい流れで打席がまわってきたので、いい雰囲気で打たせてもらいました。

辻監督コメント

秋山は心配ないですよ。本人は良いって言っているので。あそこでスチールは自重して、しないだろうと思って見ていたら走っちゃうし(笑)
不安はもうないんじゃないですか。(出場について)出たいと言ってきた。「良くなって帰ってきました」って言ってたからいいんじゃない。

2番は、一番頭を悩ませるところ。源田も良いし、(今日は)秋山が1番に入ったから、2番を田代にしたけど、逆もあり得るし。左投手が来たらまた考えなきゃいけないし。2番打者は秋山が出塁したから簡単に送るのではなく、引っ張れるバッターでもあってほしいし、小技もできて、エンドランもできて、と色んなことができるのが理想ではある。でも、打点をあげろってバッターではない。どうにかしてしつこいバッターを置きたい。

炭谷は、盗塁を刺した。ばっちり。結構、(走者は)良いスタートだったけど。(攻撃では)先頭で四球を選んで、あれが得点になったし。十分仕事をした。

野上は良かった。腕を振れること、コントロールミスが少なく、きっちりできていた。フォークが低めに行って、三振取った球なんかはまっすぐも切れていて、腕が振れているから、ボール球なんだけど三振が取れるってところでは体調が良いんじゃないかなって思う。

田村は、ここで自分の力がわかるだろう。課題が出るから、オープン戦だからできるようなこと。

2017年3月25日(土) 横浜DeNA戦 メットライフ (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  横浜DeNA 0 0 0 0 0 0 1 0 4 5
  埼玉西武 0 0 0 5 0 0 0 2 X 7

バッテリー

野上、藤原、野田、シュリッター、田村 - 炭谷

ライオンズ選手 本塁打

なし