• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • tagboard

2017/03/22 チーム

中田らが集中打を浴びせるも連勝ストップ 3/22(水)オープン戦 vs.東京ヤクルト 結果

先発登板したガルセス投手
中田選手が反撃の口火を切る!
適時二塁打を放った斉藤選手
救援に向かった福倉投手

先発・ガルセスは初回に3点を失いますが、2回に打線が反撃。中田の適時二塁打を皮切りに、田代と斉藤にも連続での適時二塁打が飛び出して4対3と逆転します。
4回に同点とされたガルセスは、5回まで投げて失点4(自責点2)という内容。6回は2番手・福倉、7回は3番手・武隈が無失点に抑え、粘りを見せますが、8回に4番手・シュリッターが畠山にソロホームランを打たれ、1点をリードされます。
9回に田代が今日3本目の安打で出塁しましたが、追いつくことはできず。オープン戦の連勝は4で止まりました。

ガルセス投手のコメント

今日は日本で初めての先発だったので、少し硬くなってしまった部分もあったと思う。
失点してしまった回もあったが、しっかり抑えられた回もあったのでトータルでは良かったと思う。

中田選手コメント

(2回、ライトオーバータイムリーツーベースヒット)
打ったのは、スライダーです。
上手く風の乗ってくれました。
うれしいです。

田代選手コメント

(2回、ライトオーバー2点タイムリーツーベースヒット)
初球から思いっきり行こうと思いました。
打ててよかったです。

斉藤選手コメント

(2回、ライト線タイムリーツーベースヒット)
打ったのは、ストレートです。
祥多(中田選手)と田代がいい流れを作ってくれたので、その流れで打ててよかったです。

辻監督コメント

来日初先発のガルセスだが、出来はそこそこ良かったのではないか。
初回は内野手のエラーがあってその結果が失点につながってしまった。
ある意味、不運だった。
シュリッターは前回登板で失点したが、今日もまた失点。そろそろ結果が欲しい。

2017年3月22日(水) 東京ヤクルト戦 神宮球場 (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4 10 1
  東京ヤクルト 3 0 0 1 0 0 0 1 X 5 8 1

ライオンズ バッテリー

ガルセス、福倉、武隈、シュリッター – 中田

ライオンズ選手 本塁打

なし