• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

2017/03/08 チーム

田代のポール直撃の一発などで快勝!3/8(水)オープン戦 vs.広島 結果

先発し3回1失点の菊池投手
併殺を完成させる源田選手と浅村選手
木村文選手が初回にタイムリーを打つ!
ポール直撃の2ランを放った田代選手
多和田投手は中盤に投げて好投を演じる!
新戦力として期待されるガルセス投手

今日からいよいよオープン戦がスタート。まずは、マツダスタジアムでカープとの2連戦を迎えます。

初回、浅村の鋭い打球が相手のミスを誘い先制。その後も木村文の適時打で走者をかえし、2点を奪います。

一方の先発・菊池はその裏に1点を返されるもリードを守ると、その後も無死満塁のピンチを切り抜けるなどして3回1失点にまとめます。

すると5回、田代の放ったライナーが右翼ポールを直撃する2点本塁打に。リードを広げると、4回から登板している2番手・多和田は3イニングスを投げて1安打無四球の好投を見せます。

7回はガルセスが無失点に抑え迎えた8回、木村文の今日3本目となる安打などで好機を広げます。このあと、永江の適時二塁打などで2点を追加。終盤の守りでは田村と野田がそれぞれ反撃を許さず、快勝となりました!

菊池投手コメント

今日はめちゃくちゃ寒かったです。
悪い中で粘ることが出来ましたが、もう少し腕を振れたら良かったです。
次回は初回から最終回のイメージで登板するように心がけます。
今日、フォークは5球投げました。
三振を獲れたのは有力だと思います。
変化球の精度を向上させ、開幕を迎えたいです。
次回は5イニング登板予定です。

多和田投手コメント

結果0点でおさえられて良かったです。
もっとストレートとカーブの精度をあげたい。
今は結果より内容を求めている。シーズンに入ってもその考えは変わりません。
今後もしっかり調整をしたいです。

田代選手コメント

まっすぐです。
コンパクトに振ることができました。
感触がよかったのでいくと思いました。

辻監督コメント

雄星は、初回、2点取って1点とられたところは反省。
立ち上がりは失点しやすいイニングだから気をつけないといけない。
寒さもあったかもしれないが…

田代は、細身の体でパンチ力・小力がある。
ファウルにせず、あそこに打てたのはキャンプから取り組んでいたからいい結果につながった。
打撃にも自信がついてきたかもしれない。
外野手争いは厳しい。秋山もいるから大変。

2017年3月8日(水) 広島戦 マツダスタジアム (13:00試合開始)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
  埼玉西武 2 0 0 0 2 0 0 2 0 6
  広島 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

ライオンズ バッテリー

菊池、多和田、ガルセス、田村、野田 – 岡田、上本